専攻医とは.com【専攻医に関するよくある質問FAQ集】

専攻医として転職をお考えの先生へ

専門医へ認定されるまでの研修を受けている医師の事を「専攻医」と言います。当サイトでは診療科別の専攻医についてまとめていますので、ぜひ転職の参考にしてみてください。

転職の意思が固まったら、まずは医師専門の転職エージェントに登録しておきましょう。例えば医師転職ドットコムであれば国内トップクラスの転職成功実績を誇りますので、転職先はもちろんアルバイトの求人情報も網羅していますのでおすすめですよ。

専攻医の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
医師転職ドットコムは、国内でもトップクラスの求人情報数をそろえた転職サイトです。一般的に公開されている求人情報だけではなく、非公開求人の数も豊富にあり、これを活用しない手はありません。専攻医がバイト先を探す場合にもしっかり対応してくれ、職場の雰囲気など噂レベルで気になる情報もチェックできます。転職サポートの一環で、退職・退局を円満に行える手助けもしてくれるため、とても人気があります。

リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートドクターズキャリアは、医師専門で30年以上の実績を持った転職サイトです。そこで培われたノウハウは、様々なタイプの就職・転職に対応をしてくれます。高額収入が期待できる非常勤の求人情報も数多く揃えているため、専攻医が収入アップのために非常勤の仕事を入れたい場合はとてもおすすめです。応募先との間にエージェントが入ってくれるので、交渉をしたいときもすべて任せられます。

エムスリーキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
エムスリーキャリアは、医療従事者向けの情報サイト「m3.com」を運営するエムスリーグループが手がける転職サイトです。そのため、医療業界の情報が豊富で、様々なニーズに応えられるところが最大の強みです。各エリアに専任のコンサルタントが設置されており、そのエリアに精通した担当者に相談ができることも、転職サイトとして優れているポイントです。企業よりも病院の求人に強いことから、専攻医が利用する転職サイトとしてもおすすめできます。

マイナビDOCTOR 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビDOCTORは、人材紹介サービスで代表的なマイナビの医師向けサービスです。キャリアパートナーと呼ばれる専任コンサルタントが担当としてつき、求人案件の紹介から面接や見学日まで、就職活動のトータルサポートをしてくれます。これだけ充実したサービスが無料で利用でき、細かい条件の設定にも応えてくれるので、専攻医として着実にキャリアアップできる職場を探すことができるでしょう。

ドクタービジョン 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ドクタービジョンを運営しているのは、日本調剤グループです。正確には、そのグループ内で医療人材ビジネスを担当するメディカルリリースが運営をしています。短時間勤務の求人情報に力を入れているため、専攻医がちょうどよいタイミングの仕事を入れたいときにはとても役立ちます。女性医師への応援にも力を入れているなど、きめ細やかなサービスが特徴的な転職サイトとなっています。

専攻医とは何なのか?定義は?

専攻医とは、専門医へ認定されるまでの研修を受けている医師のことで、それまでは後期研修医と呼ばれていました。もともと専門医自体は様々な学会が独自に認定しているものだったのですが、そのための基準がバラバラだったという経緯があります。そこで、その問題を解決するために新しい基準が作られることになったのです。

日本専門医機構は、学会や医師会に病院団体などが参加しています。そこで定められた基準をクリアした医師が、専門医になることができるのです。これは専門医の質を確保することと同時に、医師ではない患者側から見ても分かりやすい制度を作ることを目的としています。

医師は、医師国家試験に合格したあとに、2年間の研修が義務づけられています。この研修は初期臨床研修というもので、この研修期間中は研修医と呼ばれることになります。そして、この初期研修を終えてからそれぞれの診療科へ進んだ医師が、後期研修医です。それぞれ異なる段階ですが、このどちらも「研修医」と呼ばれています。しかし、実際には仕事の内容も位置づけも異なるもので、分かりにくいところがありました。そこで新しく定められた制度では、後期研修医のことを専攻医と呼ぶように定められたのです。

何か新しい立ち位置が作られるのかと考えている人もいますが、実際にはこれまであった研修医の分かりにくい部分を明確化したものが専攻医です。しかしこの呼び方自体は完全に普及しているとは言えず、「専攻医(後期研修医)」という表現を使っているところもあります。

専攻医としての研修を終えることで新制度での専門医として認定されることになるのですが、後期研修を受けている場合はさかのぼって専攻医としての研修を受けたものと見なされるため、定められた期間の研修を終えることで、そのまま専門医として認定されます。

新しい制度ができて、これまでの制度と切り替わっている最中は、専攻医の扱いも少し分かりにくいところがあります。実際に医療機関で募集されている情報を見ると、専攻医募集のほかに新専門医制度によらない募集をあわせて行っているところも見つかります。最終的には新しい専門医制度で統一されることになりますが、基準が変わっても専攻医は後期研修医のことを指す、くらいで考えていれば問題はありません。

医療制度は大きな変化が起きることもあり、専攻医もその一つです。実際に研修を受ける側もそのために身につけなければならない知識はあるので、柔軟な対応が求められています。

専攻医制度の歴史は?

2018年4月にスタートした新専門医制度ですが、実際に始まるまでには様々なことがありました。ここでは、その新専門医制度における専攻医が、どのような歴史を経てスタートしたのかについて紹介をしていきます。

専攻医の仕組み自体は2016年1月からスタートしています。この時点で、研修施設認定に関わるプログラムの申請が開始されました。そして、2016年6月から各研修施設による専攻医の募集が開始されたわけです。

そして本来なら2017年度から新制度による専攻医の研修が開始されるはずでしたが、ここで新制度の開始が1年延期されることになります。その理由としては地域医療への影響の懸念が出てきたためです。駆け足気味で進められていた新制度への移行ですが、この1年の延期を経て様々な改訂が行われることになりました。

例えば都市部への集中防止のため、研修プログラムにおける定員についても決められています。ほかにも連携施設や関連施設など、基幹施設以外での専攻医採用などもあるのです。さらには症例の豊富な地域の中核病院などが基幹施設になれる基準の制定などがあります。

このほかにも様々な改訂が行われており、より柔軟な対応が可能になっています。そして一年間の延期をしたことである程度の余裕ができるはずでしたが、それでもスケジュールがタイトなところがあり、新制度への移行がどれだけ大変なものなのかが伺えます。

新専門医制度は無事にスタートすることができましたが、それでもなお懸念材料は残されています。すべてを解消することは難しいかもしれませんが、これからも改訂されていくと予想できるでしょう。

専攻医そのものについては、端から見ると後期研修医の呼び方が変わっただけに見えるかもしれません。しかしそれは、あくまでも新専門医制度の中の一要素です。新専門医制度自体は、これまで医療の現場で問題になっていた部分を改善するために様々な変更が行われています。実際に専攻医として登録をする側からすれば迷惑な一面もありましたが、最終的にはよりよい方向へ向かっているのです。

これまで専門医と言えば、それぞれの分野でのスペシャリストのように言われていたことがありました。しかし新専門医制度では、それぞれの診療領域で適切な教育を受けた医師と定義づけられています。突出した能力を持った医師だけではなく、医師の全体的な質の向上を目指しているのです。その歴史を振り返ってみると、制度が動き出すまで急ぎすぎていた部分もあり不安要素もありましたが、よりよい医療の提供を目指していることは間違いないでしょう。

専攻医が医師募集サイトに登録するメリットは?

医師が就職・転職をする際には、まず求人情報を探す必要があります。いくら就職をしたいと思っていても、その医師を雇ってくれるところが見つからなければどうしようもないからです。これは専攻医にも言えることで、自分から積極的に動いて情報を集める必要があるのです。

医師が転職をする際には、その多くが自分で情報収集をしたというケースが多くなっています。もちろん、それ以外の方法で探している人もいるのですが、ネットから簡単に情報が集められるようになったこともあり、自分から探しに行く人が多い傾向にあります。

専攻医としての募集情報をチェックした際も、各病院の該当するページがすぐにヒットするのでとても便利です。しかし、本当にその方法だけで、専攻医としての募集情報探しは良いのかという疑問も残ります。

専攻医が情報を集める方法の一つに、医師募集サイトを利用する方法があります。これはそのままの意味のサービスで、医療機関側で意思の募集をしている情報をまとめており、とても分かりやすくなっているのが特徴です。

実際に自分で探してみても同じような情報が見つかるので、わざわざ医師募集サイトを利用する必要はないのではないかと思うかもしれません。しかし、専門サイトだからこそのメリットもあるので、そのことも踏まえて利用するべきかどうかを考えてみてください。

医師募集サイトの中には、一般的には公開されていない非公開の情報もあります。これは好条件なものもあれば、募集人数が少ないので大きく公開せず小出しにしているというものもあります。普通に専攻医の募集情報を探しているだけでは見つからない情報が隠されている場合もあるので、それを確認する意味でも専門サービスへの登録はメリットがあるのです。

専攻医として経験を積みたいなら、できるだけ良い環境を選ぶべきです。そこでどれだけの勉強をできたのかは、これから先の専門医として活動をすることにも影響してきます。専攻医の仕組み自体はまだできてから日が浅いので、そこまでしっかりと対応しているサービスがどれだけあるのかという疑問はあります。しかし、実際に医師募集サイトを利用する際にお金がかかることはないので、それなら試しに登録しておいても損はありません。

本来の探し方にプラスアルファをでき、それが無料で利用できると言うことなのですから、これは大きなメリットと言えます。このようなこともあるので、専攻医としてしかりと経験を積んでいきたいなら、医師募集サイトの利用についても考えてみてください。


Copyright (C) 2018 専攻医とは.com【専攻医に関するよくある質問FAQ集】 All Rights Reserved.